夢を叶える方法
自分サイズの夢を知る
夢を予定に変える
持つ夢(have)
する夢(do)
なる夢(be)
どれから叶えればいいの?
なる夢(be)を叶えよう



夢を予定に変える

逆説的かもしれませんが、「夢」と思っているうちは叶わない、いや叶いにくいのではと思います。

あなたが今、「当たり前」と思っていることがありますよね。
(通っている学校、会社、結婚している、子供がいるなど)

それって、昔あなたが「夢」と思っていたこと、ではないですか?

夢は叶えてしまうと「夢」じゃなくなって、「当たり前」に変化する。
周囲の人に「すごーい」とか言われても、本気で「全然たいしたことない」と思える。

逆に言うと、「叶って当たり前」と思う気持ちが強くなると、その夢は叶いやすくなる。のではないでしょうか?

そこで、「夢レベル」から、「当たり前レベル」に下げる方法を挙げてみました。

・他人に夢を話す
・その夢が叶っている人に会って話を聞く
・自分に「叶って当たり前だ」と言い聞かせる

うーん、なかなか難しいですね。
他人を巻き込むのも、自分に無理やり信じ込ませるのも(笑)


そこで思いついた、効果的な方法。

夢を予定にしてしまう。

日付が未定なら「夢」、日付をつけたら「予定」になります。

「予定」ということは、「叶うか、叶わないか?」というステップを超えて、
「叶うんだけど、いつ?」というふうに「叶う」のが前提になります。
ということは【当たり前度】がアップ。

まず、一番早いスケジュールに組み込んでしまいましょう。
叶えたい夢があるのに、「3年後」と根拠のない後回しをする必要はありません。
さらに、その予定を他人に話すと効果倍増です!

「夢」だと思っていたときには、ただ想像して楽しんでいればよかった。
でも「予定」になると、しなければいけないことが沢山。

例えば「イギリスの田舎でガーデニング」という夢の場合。

「田舎って、具体的な地名は?」
「その地方のベストシーズンはいつ?」
「スクールはあるの?」
「航空券は、どこのエアライン?」
「仕事休める?」

・・・あー、しんど。と、書くだけで疲れます(笑)

こういう作業が待ち受けているから、夢はいつまでも夢のままでいいや~、と心の底では思っていて、ついつい後回しになるんですね。
でもこの「面倒くさいこと」を片付けるだけで叶ってしまう夢も沢山あるんです。

まずは、「夢」を「予定」に変えてすることから始めましょう。

最終更新日:2007年08月28日




Copyright (C) 2007 夢を叶える夢フセン All rights reserved.
当サイトはリンクフリーです