夢を叶える方法
自分サイズの夢を知る
夢を予定に変える
持つ夢(have)
する夢(do)
なる夢(be)
どれから叶えればいいの?
なる夢(be)を叶えよう



なる夢(be)

個人的になかなか思いつかなかったのが、「こんな自分になりたい」という、なる夢[be]です。

性格がよくなりたい、美人になりたい、優しくなりたい、有名になりたいなど、
「なりたい?」と聞かれると、「そりゃ、なりたいね~」と全てにYESと言いたくなる(笑)
どこからどこまでが自分らしいのか?混乱してしまいます・・・

そこで自分らしい「なりたい」を探すには、今の自分が「必要」と感じているかをポイントにすると、比較的見つけやすい。

必要と感じるのに、そうなれない自分→ジレンマで悩む、というわけで【今悩んでいること】からヒントをもらいましょう。


私の場合は、

・夜型人間 →朝型人間になりたい
・料理のレパートリーが少ない →料理の達人になりたい
・お金の仕組みに疎い →マネーの達人になりたい
・面倒くさがり →フットワークの軽い人間になりたい

というわけで、見事にジレンマから派生した「なる夢」ばかり(笑)


別の方法は、「持つ夢」からヒントをもらうこと。

「持つ夢」って「なる夢」が形を変えているものが多いのです。

例えば

「○○(ブランド)のバッグが欲しい」という夢。

表面的には同じですが、その奥に潜む「なりたい」には人によってバラバラです。

「仕事のデキる女性になりたい」
「女性らしさをアピールしたい」
「オシャレだと思われたい」    などなど。

つまり、バッグが欲しいというより、「なりたい」を象徴するイメージなのです。
(バッグそのものが欲しいなら、「すぐボロくなるバッグばかりで困っている」など必要性を
 感じて欲しくなるものです)

このように、「持つ夢」に潜むイメージから「なりたい」を知るのも、自分らしい夢探しに役立ちます。
でも「持つ夢」が実は「なる夢」だったとわかったからって、「持つ夢」を捨てる必要はありません。

バッグなどのイメージは、「仕事のデキる女性になる」という言葉より覚えやすいので、
連想ツールとして置いておきましょう(^^)

最終更新日:2007年08月28日




Copyright (C) 2007 夢を叶える夢フセン All rights reserved.
当サイトはリンクフリーです